Q&A

MENU
一般向け事業
法人向け事業
施工実績
お問い合わせ

cross Q&A

質問 見積もりは無料ですか?
答え

お見積りに関しては無料で伺います。

質問 小さな工事でもきていただけますか?
答え

電球一個交換でも伺います。

質問 100Wの電球を1日中つけっぱなしにすると電気料金はいくらくらいになるの?
答え

100Wの電球を1時間使用すれば、消費電力量は100(W)×1時間(h)=100Whとなり、24時間使用すれば、100W×24(h)=2,400Wh=2.4kWh(キロワットアワー)となります。 これを電気料金に換算しますと、2.4kWh×22円52銭=54.04円(税込)となります。※電気料金単価は従量電灯B 3段料金を使用しています。
計算式にすると 
消費電力(KW)x 1日の使用時間(h)x1ヶ月の使用日数(日)x使用単価=と、なります。
注 消費電力をKWにするのを忘れずに。100Wなら 100÷1000=0.1KWです。

質問 たびたびブレーカーが落ちるのですが。
答え

まず、どのブレーカーが落ちてしまうのかを確認してください。 配線用ブレーカーは過電流による危険を防止するために設置されています。 配線用ブレーカーが落ちるのは、電気の使用量がブレーカーの定格を超えたためで、 同時に使う電気機器を減らすことで解決できます。 しかし、電気機器の使用数が少ないのに、配線用ブレーカーがたびたび落ちる場合は、電気機器の故障などの危険も考えられますので、当社にご相談ください。

質問 オール電化の場合、停電のときに大丈夫ですか?
答え

停電時にはオール電化で設置された製品IHクッキングヒーターは使用出来なくなってしまいますがお湯はり以外ではお湯は出ます。 ガス機器でも電気制御のため停電すれば使用は出来ません。 懐中電灯やカセットコンロなどを停電時の為に用意されると、緊急の場合も安心です。

質問 エアコンや電子レンジには専用のコンセントが必要なのでしょうか?
答え

消費電力の多い電気器具は専用コンセントの使用をおすすめします。 電子レンジやエアコンのスイッチを入れたとたんにブレーカが落ちた、という経験のある方も少なくないでしょう。 最近では、他にも衣類乾燥機やIHクッキングヒータなど、消費電力1,000ワット以上の家電製品が増え、コンセントや配線も今までのまま、というわけにはいかなくなります。
ひとつのコンセントから使える電気は15アンペアまでです。消費電力の大きな器具を他の電気器具と一緒に使うと、 分電盤の配線用遮断機(安全ブレーカ)が切れやすくなります。それだけでなく、照明のちらつきやオーディオ機器への雑音混入などの障害が起こったり、 さらには配線の発熱から火災が発生したりということも考えられます。こうした障害や危険を防ぐには、専用のコンセントや専用回路が必要です。

質問 システムキッチンでもIHクッキングヒーターに変えれるの?
答え

もちろん出来ます。 大きさは規格になっているので今お使いのガスコンロとそのまま置き換えることが出来ます。

質問 お年寄りは、使い慣れたガスコンロの方が操作しやすいかも。
答え

高齢になるとつまみ式に慣れてはいても、遣いづらくなるようです。 つまみをグッと押し込んで回すタイプだと ひねるのが回しづらかったり 微妙な火加減が難しかったり・・・着火の確認や火力調節のたびに腰をかがめていることも。 IHは火力を大型液晶に表示するものやタッチキー操作のもの・音声ガイド付きのものなど、 ご高齢者の方にも使いやすい工夫がされています。

質問 エコキュートはどれくらい経済的なのですか?
答え

一般的にガス熱源に比べ1/5程度(LPガス)、電気温水器に比べ1/3程度の費用で済みます。(使用条件によって多少異なります。)

質問 太陽光発電とオール電化は相性がいいと言われるのはなぜ?
答え

電力会社のオール電化の契約は深夜電力が割安になる代わりに昼間の電気料金が割高になります。 しかしその割高になっている時間帯に太陽光発電で発電すれば購入する電力は安い料金の時だけですむので、太陽光発電の設置はオール電化の完成形といえます。

質問 太陽光発電で発電した電気は停電のとき使えますか?
答え

発電をしている時間帯であれば電力を得ることが可能です。 自立運転に切り替えて、専用のコンセントで電気を使います。 太陽光発電は、災害などの非常時にも安心のシステムなのです。(エコウィル、エネファームなどは停電時使えません。)

質問 屋根にのせるソーラーパネルの寿命はどのくらい?
答え

設置場所や設置条件によって異なりますので一概にはいえませんが、一般的には、平均20年以上と言われています。 (但し、パワーコンディショナーは一般的には10~15年程度と言われています。)

質問 一軒あたりどの程度の太陽電池容量が必要ですか?
答え

個々の家庭における電力消費量は、その地域も含めた生活形態等により大きく異なりますので、標準的な例として説明します。 一般家庭の平均年間消費電力量は5,500kWh((財)省エネルギーセンターHPデータ 総合エネルギー統計平成15年度版(平成12年国勢調査ベース))という統計値も有り、 この場合には4kW程度の太陽電池を設置することで、使用電気の量をほぼまかなうことが可能です。